世界各国の旅行記 〜 - Swiss 観光スポット・写真集
  Picture    Music 


  スイスという国は平和で自然が多く快適なイメージがありますが,非常に物価が 高い国でもあります。貧乏旅行をしようとしている人にとって一番の悩みの種は金銭面です。 その変わりに,交通システムは非常に優れていました。
 4泊しかしていないので,各地をすべて回ることはできませんでしたが、 2006年の旅の記録として記載しておきます。

チューリッヒ

 スイスに入るとまずここに来ることになります。国際空港があるのは チューリッヒで,その周辺は何もないところですが,チューリッヒHB まで出ると中心都市らしく大きなステーションに,様々な店が建ち並んでいました。 何か分からないことがあれば,ここの Information センターに行けば 日本語を話せる人がいるのでいろいろと詳しいことも聞くことができます。


 スイスでは鉄道に乗る時にホームの改札がありません。バスに乗リ降りする のにも乗車券を入れるところがあるわけでもありません。 その代わりに,鉄道では切符を外で買っていき,鉄道内で係員が 回ってきた時に見せなければなりません。バスでも同様に切符はバス停の自動販売機で買っていきます。

 しかし,バスで切符を見せたことはありません。これじゃタダ乗りし放題だなと思いながらも, スイス人が真面目であるというか,悪いことはしないという人柄にスイスらしさを感じました。
 もし短い間でたくさん移動したいのなら,スイスパスがお勧め。 これを持っていると,期間中は鉄道だけでなく,バス,フェリーもタダになり ,いちいち切符を買う手間が省けます。

 ここといった見所はあまりありませんが,いい買い物をしたいならここで 見つけるのもいいだろう。


グリーンデルワルト

 スイスでスキーといえば,ここかチェルマットが有名です。 チェルマットはマッターホルンがあり,世界から観光やスキーを しにくる人がいるので,ホテルの値段もここよりずっと高くなっています。
 スノボーをするといってもどこへ行けばできるのか分からず,とりあえず インターラーケンで宿を取って情報を得ることに。そのホテルのおじさんが 親切でどこへ行けば山へ行けるか地図まで書いて教えてくれました。 乏しい英語と資料不足のため次の日,朝食を取っている時にもう一度確認すると バスの出発時間まで20分くらいしかないことが分かりました! ということで急いで食事を取ってバス亭へ行くことに。山のふもとには 日本語を喋れる人がいる案内所があったので,そこからは 無事に雪山まで行くことができました。
 写真はグリーンデルワルトのアイガー山の氷河です。手前のゲレンデでスキー やスノボーをすることができます。スイスというと雪が深く寒いイメージがりますが ,3月だからかそれとは正反対でした。雪質は悪くはありませんが,結構でこぼこ しているので日本のゲレンデより傾斜が緩やかな所でも滑りにくいイメージがありました。 それ以上に違うのは,コースというものがはっきりしていないことです。 大げさに言うと180°滑り放題という感じで,マップを見ても どこにいるのかよく分からない。
 しかも,ゲレンデの下の方は雪が少ない!まぁ,下の方といっても日本の様に コースが短くないのですが,昼後半から滑ったところは大変でした。 そのコースはリフトが見当たらなく下に滑っていくしかなかったので、しかたなく, どんどん下に行っていると,圧雪していないところに入り込みました。 ボードはどんどん沈んでいくし,とても滑れる状態でない。しかも,周りに人は誰もいないし!
 これは本当にやばいと思い,ボードを外して横に歩いていき,なんとか 圧雪しているところを探しました。探し出た時にはもうバテバテでした。
 そこからさらに滑っていくと,あれ?何かおかしい・・。そう 雪がない!ぎりぎり雪のあるところを滑って行ったが,とうとう 本当に雪がなくなってしまいました。しょうがなくそこからボードを外して 鉄道を探すことになりました。
 その日はもう時間がなく滑ることはできませんでした。スイス初のスノボーは, 大変なスノボーになりました。レンタル屋の人には「Where were you skiing? No snow?」 と言われるし・・。でも楽しいスノボーでした。

ローザンヌ

 ローザンヌといえば,国際オリンピック委員会(IOC)があります。 また,レマン湖から見るアルプスは格別です。写真はその風景ですが ,この日は少し天気が悪く写りはいまいちでしたが,それでも 何か神秘的なものを感じさせてくれました。
 ローザンヌからスイスの首都であるジュネーブやフランス領エヴィアン へのレマン湖クルーズがあります。ここでもスイスパスを使用できました。 スイスはフランス,イタリア,ドイツ圏に分かれています。 そのため言語も様々で,共通語として英語を喋れる人も少なくないようだ。
 フランスへ行ってみましたが,時間があまりなく エヴィアンの水を汲んで,連絡船の時間までカジノへ行った ぐらいでフランスを去ることになりました。  

ジュネーブ

ジュネーブには欧州国連本部や赤十字本部等があります。写真はジュネーブの シンボルであるジェッドーです。この日も天気はよくありませんでした。 赤十字本部では健康のため自転車を無料で貸し出しています。これ を利用してレマン湖サイクリングをするのもいいでしょう。
 他の見所としては,サンピエール大聖堂や,宗教改革記念碑などがあります。 スイスの料理といえばフォンジュです。フォンジュにはチーズの他に ミートやオイルフォンジュがある。安くて30スイスフラン(約2500円) ほどで食べられます。